高2生もそろそろ第一志望を決めて行こう!

DSCN7589.JPG毎年のことですが、夏期の進路面談では学生たちの第一志望大学をよく尋ねます。

受験生は特にそうですが、高1,2生も出来るだけ早いうちに「どこの大学に行きたいか?」について明確な意志を固めて置いた方が日々の学習にもやりがいが出てくるものです。

しかし、最近の学生は受験生でも「よく分からない」と答える場合が多く、「将来、何がしたい?」から始まって「何に興味があるの?」と質問を繰り返しながら、最終的には志望大学をこちらから勧める場合が多いのが玉にきずです。

北区、荒川区の学習塾,志学ゼミの水谷です

田端で41年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 https://shigakuzemi.info/coaching/results.html
田端で41年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

鉄人の1ポイント英語講座はこちら→https://www.youtube.com/channel/UC4XXZj1ELoWO7sO7tRflZNg/video

甘やかされて育てられてきた最近の学生には、「自分は将来~したいから...大学へ行きたい」なんて前向きな意志を求めるのは難しいのかもしれません。

その結果、模試の偏差値や通学距離や本人のプライドを総合して、Gマーチのようなブランド大学を第一志望にするのが一般的な様です。

かく言う鉄人も高1,2の間は父親の助言に従って「国立理系」(昭和の近畿圏出身者は、やたらに国立を勧めた)を目標にしていましたが、受験生になって初めて我に返り、「留学実現」という漠然とした望みを叶えるために(文型の方がカリキュラムに縛られないため)「国立文型」に変更したのを覚えています。

特に「将来何がしたい」という意志はなかったわけで、バブルで雇用の門戸は広かったにもかかわらず、モラトリアム期間を伸ばすために、大学院進学を経て海外の大学院への逃避行につながったのですから、最近の学生を非難する立場にはないのは分かっています。

ただ、塾講師として学生に助言する立場にいる現在、自らの経験を反面教師的にとらえ、手堅い進路を選んでもらいたいと思っています。

今回、「ひたすら英文法」の例文書き換え集として「ひたすら書き換えA.B」が出来上がりました。志学出版直販です。資料請求はお気軽に。(出版部より)

今回B5サイズ、2色刷り、基本例文暗記CD付きにて好評発売中。

DVD22巻購入者にはひたすら英文法基本例文暗記CD・プリントを無料配布中。

http://shigakuzemi.info/

志学ゼミ
塾長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

この記事へのコメント